• NAGOMIロゴ

「はり・きゅう」はこんな症状に効果が認められています-WHOより

こんにちは!
安藤鍼灸院、院長の安藤秀人です。
今日は鍼灸(はり・きゅう)の効果について書いてみます。

鍼灸
皆さんは「はり・きゅう治療」ってどんな症状に効果があると思いますか?

肩こり、腰痛、膝痛・・・

ぱっと思いっつくのはこれ位でしょうか?

もっとあるよ!!と突っ込んでくれる鍼灸(はり・きゅう)大好きな方ごめんなさい汗

世界保健機構と言うのをご存知でしょうか?
WHOと言えば聞いたことが有ったり、
「テレビや教科書で見た!」と言う方がいらっしゃるかと思います。

そのWHO(世界保健機関)が鍼灸(はり・きゅう)治療の有用性を認めています。
実際の症状等は以下をご覧ください。

【神経系疾患】

◎神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー

【運動器系疾患】

関節炎・◎リウマチ◎頚肩腕症候群◎頚椎捻挫後遺症◎五十肩・腱鞘炎・◎腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)

【循環器系疾患】

心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ

【呼吸器系疾患】

気管支炎・喘息・風邪および予防

【消化器系疾患】

胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾

【代謝内分秘系疾患】

バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血

【生殖、泌尿器系疾患】

膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎

【婦人科系疾患】

更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊

【耳鼻咽喉科系疾患】

中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎

【眼科系疾患】

眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい

【小児科疾患】

小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善

※上記疾患のうち「◎神経痛・◎リウマチ・◎頚肩腕症候群・◎頚椎捻挫後遺症・◎五十肩・◎腰痛」の6疾患は、医師が同意書を発行する等の所定の条件を満たした場合に限り、鍼灸の健康保険の適用が認められています。
健康保険の手続きについては、また別項で説明します。

冒頭で浮かべてもらった鍼灸(はり・きゅう)の適応疾患は上の中にありましたか??
「はり・きゅう」治療は運動器の症状だけでなく、風邪や胃炎などの内科系の疾患、
婦人科・小児科領域にまで効果が認められてるんです。

勿論先生によって得手不得手はありますが、
お体についてお悩みがある方は、
一度お近くの鍼灸院の先生に相談されてみては如何でしょうか?

当院の場合は、
薬を使いたくない、
病院や整骨院等に行っても効果が思わしくなかった、
ゆっくりと落ち着ける治療をご希望の方からのお問い合わせが多いです。

症状で言うと五十肩、坐骨神経痛などの運動器疾患5割、
夜泣き・カンムシ等の小児疾患2割、
逆子・更年期障害等の婦人科2割、
お肌のハリ、たるみなど美容に関する施術1割といった割合です。

少しでも「はり・きゅう」治療が身近になれば幸いです。

安藤鍼灸院
安藤秀人

The following two tabs change content below.
アンドウ ヒデト

アンドウ ヒデト

院長安藤鍼灸院
『安藤鍼灸院』を和歌山県有田郡湯浅町でやってます。完全予約制で、1対1の完全プライベート治療院です。駐車場も広くて止めやすいので女性の方も安心です♪
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク